新型コロナからの逃げ場所

先が見えない新型コロナの影響は、すべての国、すべての人、すべての生活に深刻な影を落としています。コロナ疲れという言葉だけでは片付けられないストレスも、それと比例して蓄積され続けていることも見逃せません。
その解決策ではありませんが、ミンダナオタイムスの記者・イアンから、自分なりのコロナの影響からの逃げ場所を紹介する記事が届きましたので紹介します。
同じ場所に逃げ込むことはできませんが、コロナと同時にストレスという見えない敵から「心」を守るために、自分自身の逃げ場所を持つことの大切さを共有できればと思います。

 

現在この地球を悩ませているコロナウイルスは、わずか数週間の間に私たちの生き方を確実に変えてしまいました。それは私たちの生活のあらゆる面に影響を与えています。

生活が制限され、事実上の封鎖によって隔離されてから7日目に、私はふと考えました。
「家にこもる以外に、一人になれる場所はないだろうか?」

私はミンダナオ島で孤独な隔離を楽しむことができるお気に入りの場所のリストを作ることにしました。

Advertisements

マイニット硫黄温泉

ダバオ・デ・オロ州マコのマイニット硫黄温泉。
巨大な岩の上を滝のように流れ落ちるミネラル豊富なお湯で、毎日温泉のシャワーを浴びるのも悪くない。 また、熱や湿度はウイルスの病原性や感染力を低下させると言われている。
ここは私の退屈をやわらげてくれる特効薬になるかもしれない。

 

カミグイン島

ミンダナオ島から隔離されたカミグインは(いまのところ)新型コロナとは無縁の天国だ。
23,794ヘクタールの地域に散らばっている人口はわずか88,000人であり、社会的距離は保証されています。滝、白い砂の島、食物繊維、ビタミン、抗酸化物質が豊富なランゾーネ…
なにもかも揃っているこの島を気に入らないわけがない。

 

フェタムクレゴ

この楽園はあまりにも遠く、多くの観光客が訪れることはありません。
コゴンの草に覆われた山々の後ろに隠れており、地下の川や滝からの新鮮な湧水と、近くの谷の植物があります。
ここは昨年の地震の震源地でもありましたが、この地域には建物がないため心配する必要はありません。
1ヶ月はここに住めそうです。

 

ダイナガット諸島

ディナガット諸島。ディナガット島のカビラン島、バジリサ島のラ・イスラ・アガやラララキング・ブキド、リビホ島のキス島、ロレート市のヒブソン島、スティングレイ島、プヨ島など、人もまばらな島々に囲まれた小さなエリアです。
カニ、ロブスター、さて、どれにしようかな?
海の幸を主食に、これぞ至福のひとときを満喫するには最高の場所です。

 

タートル諸島

タウィタウィのタートル諸島の自治体。世界で数少ないアオウミガメの主要な営巣地のひとつです。
人口は4,727人、社会的距離も申し分ないし、カメと自分のスペースを共有しても気にならない。
必要な食料や備品などは、近くのマレーシアのラハドダツから調達できるなど、利便性も問題ありません。

 

タリカッド島 

サマルのアイランドガーデンシティにあるタリカッド島。
あまり遠くに行く余裕がなければ、タリカッド島に落ち着くことができます。
島の洞窟にいる厄介なコウモリから離れて滞在する必要がありますが、それ以外はまさに楽園。
美しいビーチ、果物、野菜、魚介類…申し分のない環境を楽しめます。

 

マウントアポ

十分な社会的距離、9,692フィート(2,954m)の最高峰、コロナの環境から私を切り離すのにはぴったりです。 Instagramに毎日のグラインドを投稿したい場合のために、淡水の供給、食物の植生、wifiも大丈夫。そして眺めはプライスレス。
私のような自然愛好家にとって、アポは究極の逃げ場所です。

 

さて、もし選ぶことができるとしたら、あなたはどこに逃げたいですか?

Advertisements

最新情報をチェックしよう!

Reportの最新記事8件