ダバオの3つのゴルフコース

いろいろ自由なダバオのゴルフ

経験した限りではダバオのゴルフはハードルが低い。
お気楽だし、安いし、いろいろ自由だ。
ゴルフをお遊びとしてやっているレベルの人には実に快適と言える。
ただし、ゴルフに対して真剣に取り組んでたり、ストイックだったりする人にとって許されない「ゆるさ」もある。
まぁ、そのあたりはメンバー次第で、ダバオだからってわけではない。
日本のゴルフ場ではなかなかできないことが、許される雰囲気があるってことだけなので、真剣にプレイしたい人はちゃんと日本と同じようにマジメにやっていただいて構わない。
余談だけど「打ちにくかったら少し動かしてもいいよ」っていう、いわゆる「6インチプレース」っていうへんてこなルールってなに?
ノータッチじゃないなら、6インチだろうが1メートルだろうがなんでもいっしょだだろ、と思うんだが…。初心者がもたもたして進行の妨げになってしまってはたまらん!というゴルフ場の都合なんだろうか?
ゴルフ大好き人間にも、6インチプレースオッケー!っていう人が結構いるのは不思議な感じがする。
以上、余談終わり。

主な3つのゴルフ場

 

アポ・ゴルフ&カントリー・クラブ

Apo Golf and Country Club

最も歴史があるとかで、メジャートーナメントの会場にもなっていた本格的なコースらしいのだが、はじめて行ったときは、正直なんてゆるいコースなんだろうと思った。
コースはそれなりに整備されてとはいえ、特筆するほどのものではないし、キャディーさんやスタッフさんも、なかなか濃いメンツが揃っていて日本とはかなりのギャップがある。クラブハウスも使い古されているし、ここはダバオでもチープなゴルフ場なのかなと思ったくらいである。
が、ここはこれでなかなかに味わいがあって、いま思うとある意味みんなに愛されてきたコースなんだろうなと思える。
最初のプレイは2グループ8名、ひとりひとりにつくキャディーが8名。(これはどのコースでも同じ)
その他になぜかビールや飲み物を山積みしたカートが2台ついてきて、そのドライバーが2名の合計18名という大所帯でまわることになった。
カートは2名で一台なので4台+飲み物カート2台の計6台。
なにがなんだかわからないくらい大騒ぎのお祭りプレーとあいなった。
その昔、ハワイで7名1グループでまわったときも大騒ぎだったけど、アポのコースはそれを超えるにぎやかな一日となった。
ダバオ市内から30分程度というロケーション、リーズナブルな料金設定(はっきり覚えていないが食事かなら何から何まで含めても日本円で5,000円いかなかったんじゃないかな)、フラットなコース、どれをとってもお気楽に楽しめるのはおすすめです。

ランチョ・パロス・ヴェルデスG&CC

Rancho Palos Verdes Golf & Country Club
ここはあまり大した印象はないけど、アポに比べるとクラブハウスは充実しているし、コース設計はあのピート・ダイの息子のアンディ・ダイによるものらしくて、定評があるらしい。
ゴルフの腕に覚えのある人なら楽しめるコースなんだろうけど、ポンコツゴルファーに難易度は関係ない。どのコースも同じで、どんなメンバーとどんな感じでまわるのかのほうがよっぽど重要。
アポがフィリピンっぽい雰囲気を楽しめるとしたら、ここは割と日本のゴルフ場に近いかな。でも、いいコースですよ。

サウスパシフィック

South Pacific Golf and Residencial Estates
ここはとても新しいんじゃないだろうか。サブディビジョンの区画と一緒になっていて、とにかくクラブハウスが美しい。
広く平坦なコースなので単調な感じはうけるが、途中浮島などもあり、素人にも楽しめるんじゃないかな。
要注意は暑さ!とにかく遮るものがほとんどないので、遅い時間のスタートは日差しとの戦いになる。先のアポやランチョはどちらも生い茂る木がつくる木陰が多いのでなんとかなるが、ここはそれがほとんどない。カートの中に逃げ込んでも反射日光が下から横からと襲ってくる。暑さに弱い人や慣れてない人にとっては、ゴルフどころの騒ぎじゃない。
そんなときは無理せず切り上げて、きれいなクラブハウスへ逃げ込むに限ります。冷えたビールと美味しいローカルフードで美しい風景をみるだけでも、きた価値があるってもんです。

ゴルフ三昧でも時間はたっぷりある

日本だと、ゴルフはどうしてもたっぷり一日はかかってしまうことが多い。
他になにも予定が入れられない。
(あくまで個人的所感です)
ところがダバオではそのゴルフ場に行くにも、市内から1時間はかからない上に、マジメに18ホールをまわる必要もないので、ゴルフで一日がつぶれるという印象がない。
「今日は前半だけ回るか」でもいいし、「奇数ホールだけまわるか」でも、なんとでもなる。
半日ゴルフ半日仕事でもいいし、半日ゴルフ半日ビーチでも、時間的には余裕だ。
ふと時間があいたから「今からまわるか」なんて感じで、あらかじめ予定を組んでいなくても、気が向いたときにすぐにいける身近さがある。
ゴルフクラブもシューズもボールもなにもいらない。ふらっと出かけても全部レンタルで手に入る。
ダバオへ行って、ぽっかり予定が空いてしまった。
そんなときはゴルフっていうのはどうですか?
プレイしなくても、クラブハウスできれいなコースを見ながらの食事だけでも、充実した時間を楽しめますよ。
Advertisements

最新情報をチェックしよう!

Reportの最新記事8件