2022年のダバオの住空間スタンダードモデルはこれだ!


新しいスタイルを予感させるPARAGONショールームがオープン

 


VisMin Cebu LandmastersおよびVilla-Abrilleファミリーの大手住宅開発会社は、合弁会社YHES Inc.を通じて、パラゴンダバオに275平方メートルのショールームをオープンする。この26億ペソ規模の複合用途開発は、2022年に完成する予定で、ダバオ市のライフスタイルの目標になることを想定している。

パラゴンダバオ開発のフェーズ1には、26階建てのコンドミニアムOne Paragon Place、263室のホテルおよびサービス付き住宅Citadines Paragon Davaoが含まれており、これらは世界有数の宿泊施設オーナーオペレーターであるThe Ascot Limited、The Paragon Davao Convention Center、およびThe Paragon Davao Lifestyle Mallによって管理される。

Advertisements

 


完成予定モデルを体験できる充実のモデルルーム


ダバオ市ポブラシオンのキリノ通りの角のアレラノ通りにあるエッジビル4階にあるパラゴンダバオのショールームは、モダンなトロピカルと海辺ををテーマにしたモデルスタジオとOne Paragon Place《コンドミニアム》の1ベッドルームユニットを展示している。前者のデザインは素材のパターンとテクスチャにダバオ要素が盛り込まれている。

またパラゴンダバオショールームには、活気に満ちたスペース効率の良いデザインと地方色を融合した現代的なスタイルのCitadines Paragon Davao《サービス付き住宅》のモデルユニットも展示されており、居住者は、サービス付き住宅のユニークで忘れられない体験をすることができる。

ショールームは月曜日〜金曜日の午前9時から午後6時まで、土曜日の午前9時から正午まで営業している。

 


パラゴンダバオは、ビサヤとミンダナオのCebu Landmastersの4番目の複合施設で、Callison RTKLが一流の建築会社RMDAと共同でコンセプトと設計を行なっている。

Cebu Landmastersとilla-Abrille ファミリーのパートナーシップには、マティーナ地区にある22ヘクタールのDavao Global Townshipと、2つのタワーからなるMesaTierra Garden Residencesの開発が含まれている。

「ダバオ市の経済成長に貢献する機会をパートナーに与えていただいたことに感謝しています。私たちが開発する物件は、ダバオエノや近隣都市のライフスタイルの変化に対応するように設計されています。」とCLI社長兼CEOのJose Soberano IIIは語った。


コンセプトムービーが暗示するこれからのダバオの方向性

 

ご興味ある方はお気軽にお問い合わせください。→CONTACT

Advertisements

最新情報をチェックしよう!

Reportの最新記事8件