更生に向けたダバオの刑務所の試み

バスケットを通じた交流の効果は?

11月のある日、マアの刑務所管理・刑務所局の施設内にある国内唯一の教育機関であるCollege Education Behind Barsの学生たちにとっては、その日の天気同様明るく晴れた日となりました。フィリピン人が愛するバスケットボールのトーナメントで、彼らの機敏さとスキルを試すことができたのは、初めてのことでした。

12年生対11年生。初戦は真昼の太陽の暑さにもかかわらず、雑踏の群衆から歓声が上がった。

ソーシャル・アントレプレナーシップ・テクノロジー&ビジネス研究所(SETBI)の代理人スーザン・カリアガ副所長は、このイベントは、学生の学力を向上させるだけでなく、身体と精神を健康に保つために、刑務所内に固有の制限があるにもかかわらず、スポーツに積極的に参加するよう奨励する学校の使命の一部であると述べています。ほとんどの学生が麻薬の罪に問われている中、カリアガ氏は、再建の一環と考えて、健康的な生活を選択するためのセッションも提供しています。
「学生たちには未来があり、つねに更生の機会が与えられるべきです」

スーザン・カリアガ氏と
カイゼンのセールス担当ミカ・バルガス氏、シェフ・パオ氏
PEMF治療開始前の健康と健康について
学生に話すラジャン・スジャナニ氏

トーナメントの前には、53人の生徒全員がパルス化電磁界(PEMF)を使用する治療施設であるバヤウェルネスのセラピストによって癒しのマッサージを受けました。

Advertisements

バヤウェルネスの創設者であるラジャン・スジャナニ氏は、メディアとのインタビューで、これらの学生は過去に犯した過ちのために疎外されているのではなく、自分の運命を覆すチャンスがまだあると感じる必要があると考えています。

「彼らをより健康な人に変えることができるかを見ることができる」と、メディアをイベントに招待した。
「彼らは自分が今どこにいるにもかかわらず、自分自身を良く感じる必要がある。私たちは彼らが現在経験しているストレスや緊張からある種の解放を提供します」とスジャナニ氏は語った。

左からカイゼンのミカ・バルガスとシェフ・パオ、バヤ・ウェルネスのラジャン・スジャナニ、
ミンダナオタイムズのエイミー・カブサオ、ミシェル・ユーとスーザン・カリアガ氏。

彼はまた、地元のレストラン「カイゼン」と提携し、トーナメント開始前に学生に100パックの弁当を提供した。

カイゼンの代表であるミカ・バルガス氏は、コミュニティの人々に還元し、彼らのビジネスの成功を共有することが彼らの目標だったと言います。
「このイベントは彼らの愛と尊敬という基本的価値観と完璧に一致する」

生徒たちはカイゼンの鶏の照り焼きをたっぷり食べた
JINSP Edo B.Lobenia、BJMPRO-XIは、選手たちに
もっと速く、高く、強くなるようにと呼びかけている

チームのキャプテンは、11年生:アレン・ジェス・パガヨン、12年生:アブドゥル・ラウフ・アリ、カレッジ:Maxuell Mozoです。

当日は炎天下の中、11年生対12年生の初戦が行われ、12年生は11年生に敗れました。その結果12月13日のチャンピオンシップは、11年生とカレッジが対戦することに決定しました。

全選手によるスポーツマンシップ宣誓
JO1Macilito Limcatsonによる11年生と12年生の公式トス

College Education Behind Barsは、BJMP敷地内にスペースを確保したBJMPおよび学位プログラムを提供した南東フィリピン大学と協力して、2017年8月に運営を開始。その翌年、クリスチャン・トンプソン・スクールと提携して11学年が開校し、学生たちはSETBIが与える奨学金に合格する前に厳しい試験を受けることになりました。
ちあみに、いま現在は53人が受講しています。

Vaya WellnessセラピストSahara,Myra,Joanaとラジャン・スジャナニ
Advertisements

最新情報をチェックしよう!

Reportの最新記事8件