ミンダナオが不動産分野のブランドとして収入トップに躍り出る

by Carmelito Q. Francisco

ミンダナオは、Vista Land and Lifescapes Inc.(VLL)の不動産部門の一つであるCamella Communitiesの収益への貢献で、ルソンを追い抜いたと、同社の最高責任者が先日語った。
 

Camella Communitiesの社長Teresa氏によると

Advertisements

Camella Torilの立ち上げに際し、Camella Communitiesの社長Teresa P.Tumbaga氏は、ミンダナオがブランドの収益に最も貢献している理由は、ルソンは市場として成熟し、またMindanaoでは、土地が開発に適してきたため、重要なプロジェクトが開発されているからだと述べた。

Tumbaga氏によると、昨年、ミンダナオ市場がルソンを追い抜き始めたときは、同社の総売上高の約50%であった。
昨年のVLLの年次報告書に基づくと、Camellaの売上高は98億ペソ、第2四半期報告書では72億ペソだった。

Tumbaga氏は、「ミンダナオは本当に巨大な市場です」と述べ、低インフレと低金利により市場が改善しているため、ミンダナオへのリーチ拡大に注力していると付け加えた。
また、ミンダナオでのブランド・マーケティングを促進したのは、政府による重要なインフラ・プロジェクトの実施であると付け加えた。「(ミンダナオでのこれらのプロジェクトは)は多くの投資家を惹きつけることができます」と彼女は言った。

ミンダナオでは、Camellaは6つの地域に36のプロジェクトを持っており、ミンダナオの運営責任者であるWendy Panaguiton氏によると、カガヤンデオロではGrand Europaという一つのコミュニティに12のプロジェクトがあるという。

Camellaは、1991年に設立されたVLLの子会社のCommunities Philippinesの下にあり、同社のウェブサイトには「メガマニラ地域外で低コストで手頃な価格の住宅を提供しています。」と書かれている。
 

南部都市トリルの開発

Tumbaga氏は、市政府が南部への複合型輸送拠点の設置についてVLLと交渉中であることを認めており、今後も大規模な展開を続けるという。

都市計画開発オフィスのコーディネーターでありイベントのゲストであるイヴァン・C・コルテス氏は、市政府とヴィラルが率いる会社の間の交渉を確認し、それが実現すれば、トリルの開発は加速するだろうと述べた。
コルテス氏は、「(トリルは)第二の経済成長地域(市の中心部の隣)である。」と述べ、輸送拠点の開発は顧客にさらなる魅力を提供するため、同社にとっても利益になると付け加えた。

Tumbaga氏は輸送拠点のための交渉についてコメントしなかったが、もしそれが起こるならば、Camella Communitiesだけでなくヴィラー不動産会社グループ全体が、10ヘクタールのCamellaトリル不動産とは別に、さらに大きな開発物件を持っているTorilでのプロジェクトを進めていきます、と語った。

Tumbaga氏によると、Camella Torilを含む同市では5つのプロジェクトがあるが、今後3カ月以内にTugbokで別のプロジェクトの開発に着手し、そのTugbokプロジェクトは当初、8ヘクタールの予定だが、20ヘクタールに拡大することも可能であるという。

これは、Tumbaga氏が、海外のフィリピン人労働者(OFWs)がこのブランドの最大の市場であり続けていることを確認したことから発展した。「現在のところ、購入者の大多数は依然としてOFWsで、65~70%がOFWsです。」と彼女は言い、購入者がそのプロジェクトで設備を視覚化できるように、モバイルアプリケーションCamella AR3Dを導入した。

Advertisements

最新情報をチェックしよう!