SIMカードがとにかく安い! 購入から設定までを徹底解説

SIMを賢く使いこなして、ダバオライフを快適に!


日本とフィリピンの違い

日本とフィリピンの携帯電話の使い方の違いはどのようになっているのか?
基本的には同じようなものですが、ひとつ大きな違いはキャリアと契約を交わし、毎月支払うというスタイルは一般的ではないということです。
日本では基本的に、ドコモやソフトバンクと言ったキャリアのSIMを様々なプランで契約を結び、毎月数千円を支払う形になっています。日本でのプランも様々で、例えば「電話し放題」「インターネットを月xxGBまで使い放題」などがありますよね?
フィリピンではこのようにキャリアのプランを選んで契約するのではなく、「いちいち契約などしないでSIMカードにチャージしながら使う」のが基本です。
※もちろん例外はありますが、それは後ほど。

まずはSIMロックを外そう

日本の携帯事情の1番の特徴といえば、SIMロックです。
これは何かというと、例えばドコモと契約したSIMカードはソフトバンクの携帯電話に入れて使うことはできない。逆も同じです。
これは、スマホ自体にロックがかけられているからなのです。まずこれを解除しないことには、せっかく安い海外のSIMを使うことができません。
ということでまずはお持ちのスマホやガラケーのSIMロックを外しましょう。
手続きは昔に比べれば各キャリアとも簡単になってきているようで、店舗まで行かなくてもネットから費用ゼロでいけるはずです。
詳しくは各キャリアのサイトを見てください。
>>> ドコモ
>>> ソフトバンク
>>> au

フィリピンの2大キャリア

さて、フィリピンのSIMはどうなっているのでしょう。
フィリピンにもキャリアが存在しています。大きく分けて二つ「GLOBE」と「SMART」です。
これらの違いは大きく分けて2つ、【電波】と【プラン】です。
フィリピンでも場所によってGLOBEの方が、電波が強かったり、SMARTの方が強かったりします。そしてフィリピンにも電話のかけ放題プランがありますが、GLOBE同士、SAMRT同士のかけ放題で、キャリアをまたいでのかけ放題は存在しません。なので、友人などにGLOBEが多い場合などはGLOBEのSIMを購入した方がいいかもしれません。
先ほど、フィリピンではいちいちキャリアとは契約しないと書きましたが、もちろん例外はあります。日本と同様、契約を結んで毎月支払うこともできます。
しかし、ビジネスマンや経営者を除くとあまり主流ではありません。特に外国人が契約する場合、キャリアに対してさまざまな証明書が必要となるため、会社を持っているなどのケースではない限りとてもハードルが高くなっています。
ということで、SIMロックがかかっていない携帯電話さえあれば、あとはSIMカードを購入し、自分自身あるいは購入店にてSIMカードにお金をチャージするだけで、わずらわしい契約なしですぐに使い始めることができるのです。

Advertisements

SIMカードの購入と挿入

SIMカードは、モールや空港にあるGLOBEやSMARTの専用カウンターで買うことができます。場所にもよりますが、大抵50ペソ(100円)前後で購入可能です。それでは購入してみましょう!

中にはこのようなものが入っています。

オモテ

 

ウラ ※上の数字の頭に“0”を追加した数字がこのSIMの電話番号になります。

 

サイズは現在持っている携帯電話のSIMサイズに合わせてくり抜いて挿入します。これでひとまずは携帯電話とSIMのセットは完成しました。購入時は少ししかチャージされていないので、とりあえずはチャージが必要です。

SIMカードへのチャージ

チャージ方法のひとつ、ロードカードと呼ばれるカードを購入して入金する方法について順番にみてみましょう。
まず上記画像のようなカードを購入します。(100ペソ~500ペソのカードがあります)

カードの裏面を見てみましょう。

左側のスクラッチシールを削ってみると…

チャージに使うのはこの左上の10桁と6桁のPIN番号。左下にはチャージの方法が書いてあります。
ここまでの説明はGLOBEとSMART共通です。

 

Advertisements



それでは次はチャージの方法をキャリア別にみていきましょう。

チャージ方法|GLOBE編

まずは、ロードカード裏の左下を確認してみましょう。
以下順番に操作を行います。

①*143#へ電話をかけて、「My account」を選択と書いてあります。
海外で電話をかけるのは怖いというイメージがあるかもしれませんが、実際にかけてみると…

実際に誰かと話すのではなく携帯画面上にこのような画面が出てきます。(ほっ^^)
指示通り「My account」の2番を入力し送信しましょう。

②「Load Call Card」を選択と書いてありますのでその通り操作します。

「Load Call Card」は3番ですので3を入力し送信します。

③10桁の数字を入力後6桁の数字を入力とありますから、先程のカード裏側の左上の10桁の数字を入力しましょう。

送信後また6桁の数字を入力する画面が出るので同様に入力します。

④自分の携帯番号に完了メールが届くと書いてありますので、携帯電話のメッセージを確認しましょう。

このようなメッセージが届けばオッケー、これでGLOBEの設定は完了です。

チャージ方法|SMART編

次はSMARTのチャージです。
SMARTのロードカードはこのようになっています。

SMARTのロードカードの裏面はこちらです。

スクラッチ部分の下部に、チャージ方法の詳細が記載されていますね。
それでは、GLOBEの場合と同じように順番に操作を行いましょう。

①まずスクラッチシールを削ると、5桁、4桁、5桁のPIN番号が出てきます。

②「a:SMART SIMを装着した携帯電話で、“1510+PIN”を入力し、“SEND”を押す」とあります。
これは、電話をかける画面で1510の後ろにそのままカード裏面に記載されているPIN番号を入力し、電話をかけるという意味です。
実際にやってみましょう。

これで、実際にかけてみると、自動音声が流れます。そこでサクセスフル!と言われれば成功です。
他にも自動音声でいろいろ流れますが、内容は「チャージが成功しましたよ!このSIMカードには残り〇〇ペソのチャージがあります。」といったメッセージが流れているだけですから、そのまま通話を終了して大丈夫です。

これであなたのSIMには無事購入金額分がチャージされました。

Advertisements


ここからが重要!賢く使うキャリアプラン

さて、これでとりあえずは使用可能ですが、これでは電話、メール、インターネットと使用した分だけチャージから引かれていってしまいますので、使い方によってはすぐに空っぽになってしまいます。それではもったいないですね。
どうするか?
そんなときに便利なものが各キャリアの出しているプランです。それがもっと賢く使うためのもうワンステップです。これも一部ではありますが、キャリア別に説明していきましょう。

キャリアプラン|GLOBE編

通話&メッセージ編
ここではたくさんのプランがある中でオススメのプランのみ紹介します。フィリピンのキャリアプランでは通話とメッセージはセットになっていることが多いのでお得です。

プラン名:GoUNLI
有効期間:1(25ペソ)、2(30ペソ)、3(50ペソ)、7(95ペソ)、15(180ペソ)、30(350ペソ)日
内  容:GLOBEとTMというキャリアへの通話し放題
     全キャリアへのメッセージし放題
登録方法:”8080番”へ”GoUNLI○○”とメッセージを送信
     ※○○には値段の数字を記入
     例)7日のプランへ申し込む場合
       ⇒8080番へ「GoUNLI95」を送信すると登録されましたとメッセージが来て完了。

インターネット編
フィリピンでのインターネットプランは、全て使用可能バイト数に制限があります。
日本と同様月に○○ギガバイトしか使えませんよといったサービスになりますが、ここでも1つおすすめを紹介したいと思います。

プラン名:SUPERSURF
有効期間:1(50ペソ)、3(120ペソ)、5(200ペソ)、30(999ペソ)日
内  容: 1日800MBまでインターネット使い放題
     毎日0時に使用データ量はリセットされますが、もし800MBを超えてデータを使用してしまった場合はそれから約1日スピードが著しく制限されてしまうので注意が必要です。
登録方法:”8080番”へ” SUPERSURF○○”とメッセージを送信
     ※○○には値段の数字を記入
     例)30日のプランへ申し込む場合
       ⇒8080番へ「SUPERSURF999」を送信すると登録されましたとメッセージが来て完了です。

キャリアプラン|SMART編

SMARTではプランがころころ変わるので、その都度HPで確認が必要です。ここでは、2019年9月現在の情報を載せておきます。

通話&メッセージ&インターネット編

プラン名:GIGA VIDEO +
有効期間:3(75ペソ)、7(149ペソ)、30(499ペソ)日※
内  容:全キャリアへのメッセージし放題、SMART、TNT、SUNへの通話し放題
     ・75ペソプラン…1GBまでインターネット使用可能
     ・149ペソプラン…2GBまでインターネット使用可能
     ・499ペソプラン…4GBまでインターネット使用可能
     ※30日のプランのみ499ペソ以外に549ペソ、649ペソのプランがあり、それぞれ6GB、8GBまでインターネット使用可能となります。
登録内容:*123#へ通話すると、、、

このような画面が出るので3番の“GIGA VIDEO +”を選択

そして、このような画面が出てきます。

ここで好きなプランの番号を入力し送信して完了です。

なれればカンタン!
現地Simを賢く使いこなそう

以上がSIMの購入から、実際に各プランに登録して使えるようになるまでの説明です。
すこしステップが多いように思えるかもしれませんが、実際にはそれほどでもないですし、ダバオではSIMを購入した店である程度店員さんにやってもらうことができるので、「やりましょうか?」と声をかけられたら、遠慮せずお願いしてみるのもいいかもしれません。
英語がイマイチの方でも、単語を並べるだけで結構通じるので、コミュニケーションを楽しみながらトライしてみてください。

楽しいですよ!

Advertisements

最新情報をチェックしよう!

Reportの最新記事8件