土地勘ゼロ、語学力ゼロのふたりがダバオの街をゆく!

新天地をダバオに求めてやってきた日本の友人ふたり、ヨッシーとつよぽん。
このふたり、いろいろがんばってはいるものの、まだやってきて日が浅いというのもあってか土地勘があまりない。
しかも、大丈夫なのか?というくらい語学力も貧弱。

そこで、その両方を鍛えるために、ぼくゴローがふたりに宿題を出してみました。
とはいえ、実にカンタンな指令です。

「地図も見ないで、タクシーも使わず、目的地までたどり着けるか?」

Advertisements

ただそれだけ。
第1回なのでハードルは低くしたつもりですが、それぞれひとりで自撮り撮影しながら見知らぬ土地でのショートトリップ、果たしてどんなことになるのか?


ルール1:タクシー使用禁止


ルール2:乗物はジープorトライシクルのみOK


ルール3:ヒントを他人に見せるの禁止


ルール4:スマホでの検索禁止


ルール5:リタイヤ時カメラに宣言


というわけで、早速スタート!


ヨッシーはタクシーがダメならとトライシクルで行こうと思ったようですが、トライシクルでは行けません。
なぜかをひとつ補足しておきます。

トライシクルは幹線道路を走ることが禁止されていて、脇道しか通れません。
目的地まではわずか3.5kmですが、脇道だけを使っていくのは不可能。
つまりどうしてもジプニーを使うしかないわけです。
しかもここでひとつ意地悪な仕掛けがあって、ふたりの位置からは直行するジプニーはなく、最低一度は乗り換えをしなくてはなりません。
トライシクルと違ってジプニーは初心者にはハードルが高く、しかも乗り換えが必要となると難易度位はぐっと上がるはずです。

 

はてさて、このふたりこの先どうなるのか?
どちらが先に目的地に着くことができるのか?
いや、そもそも無事目的地に着くことがどうかもあやしい。

詳しくはぜひ動画を見てください。

 

 

少し長いけど楽しく見れちゃうと思います。

途中、ダバオの人たちのやさしさも垣間見れて、ダバオの雰囲気を感じてもらえることと思います!

Advertisements

最新情報をチェックしよう!