ダバオで生産されるフィリピンの国産マスク

ダバオで生産されるフィリピン人のためのメイド・イン・フィリピンの国産マスクがあります。
フィリピン産マスクが生まれた背景と現状をミンダナオタイムスからお届けします。

わずか15名の国産マスクメーカー

COVID-19の流行以降、個人用保護具などの需要が急増しています。
これは、特に政府が今、市民がウイルスから身を守るためにフェイスマスクを着用することを要求していることから、企業がそのような防具の生産に従事することに拍車をかけています。

あまり知られていませんが、フィリピンにおいても、ある国産企業が2019年から「N88サージカルフェイスマスク」「KN95フェイスマスク」「ニトリルサージカルグローブ」を製造・販売しています。

医療機器・サプライ品の輸入に関するFDAライセンスを取得して設立されたRycorTech Corporationは、創設者の妻と息子の名前にちなんで名付けられていますが、『テック』をつけ加えたのは、医療業界で継続的に技術革新を行い、技術の進歩を導入することを目的としているからだそうです。

Advertisements

中心となる組織は、わずか15名の従業員によって支えられています。
そこには、制作スタッフ・販売員・社内エンジニア・オフィススタッフ・ウェブ開発者も在籍しており、オンライン販売も含めたウェブサイト rycortech.comの運営も自社でおこなっています。

医療品の輸出禁止から国産マスクの必要性が

「輸入パートナーであるマレーシアと中国との現在の状況が、私たちを後押ししました。なぜなら、コロナウイルスが発生したとき、彼らはまず自分たちの国民を守るために、医療品の輸出を禁止し始めたからです」と彼は明かしました。

輸入パートナーとは言え他国には頼れない。
フィリピン人のための国内産マスクを生産する必要性からライコーテックは生まれました。

「幸いなことに、マレーシアや中国では完成品の輸出は禁止されましたが、原材料の輸出は禁止されていませんでした。そこで、本格的なマスク製造工場にするために、すぐに機械類をす購入し設備を整えました」

マスク機の仕様と生産量に基づいて、RycorTechは1分間に70枚のフェイスマスクを生産することができ、これは24時間の生産で100,800枚に相当します。これにより、ミンダナオの人々、あるいは国全体に、今回のパンデミックの後もフェイスマスクを安定的に供給することができます。

ダバオ市に拠点を置くことで、製造コストを最小限に抑えることができます。
そのおかげで原材料費が高騰しているにもかかわらず、フィリピン保健省の規制価格よりも60%も安い価格で高品質のマスクを提供することができているのです。

さまざまな課題を乗り越えたことが財産に

しかし、ライコーテックは、厳しい規制方針や手順への対応など、製造には様々な課題を抱えていました。
必要な材料の輸入もダバオ港に到着するまでに15日から30日ほどかかったり、製造に関しては、既存の医療機器・サプライのFDAライセンスとは別のライセンスを必要としたりなどです。
もちろん現在ではFDAライセンスを追加で確保しています。

パンデミック後のフェイスマスクの着用がどのような役割を果たすかについて、ソテロ氏は、「規範以上のものではなく、文化の一部になるだろう」と考えています。

「この危機は、私たちが常に油断せず、特に医療システムに満足しないようにすることを教えてくれました。このパンデミックは、私たちの医療システム、私たち自身の資源、そして自立心を試す試金石となりました」と、彼は力強く語ってくれました。

RycorTech | A Medical Supply Company

Advertisements

最新情報をチェックしよう!